クリスマスイブとは言え、もうすぐお正月なので、お掃除中心で過ごしました。まず、ここの所気になっていたのがドアの汚れでした。室内のドアです。寒くなってから、なんだかホコリが付きやすくなったように思いました。今日改めて布で拭いてみると、ドア自体が薄っすら結露してる状態なんです。室内のドアでも、暖房をする部屋との温度差が大きいドアは、パッと見分かりませんがすごく湿気ているんですね。そこに、エアコンの風で巻き上げられたホコリが少しずつ引っ付いていたのです。掃除機もよくかけているのですが、やはり雑巾がけでもしない限り、人の暮らしはホコリが立ちやすいんですね。
それから、次はピアノとテレビの下です。細いプラスチックの棒にタオルを巻きつけて拭いていきます。この場所が毎年冬には結構する場所なんですが、今度は意外にあまり湿気ていませんでした。数日温かい日が続いたせいでしょうか?なんかちょっと拍子抜けしながら、テレビの下も奥まで棒を入れたら、タオルが残って出てこなくなっちゃいました。手は入らないし、横から見ても見えないし、「もっとしっかり輪ゴムで留めればよかった…」と松居一代さんのお顔が浮かびました。松井さんなら、もっとこういうお掃除グッズ上手に作るんですよね。横から何度も手を突っ込んで、やっとタオルの端っこを捕まえて取り出しました。
それと、もう一か所気になっていたのが、カラーボックスの後ろの隙間です。本がびっしり入っているので、日頃はなかなか掃除が出来ません。今日は横のものをどけて、頑張ってカラーボックスを動かしました。すると、なんか白い紙袋が見えました。ホコリをどけて見てみると難しそうな漢字が書いてあります。出してみたら、お土産に頂いたシャモジでした。鎌倉のお寺のハンコが押してあります。こんな大事なものが落ちたのも気づかず、つくづくあわただしい一年だったな~と思いました。
気になっていた場所をきれいにしたら、ピンポ~ンと呼び鈴がなり、親戚のおばさんからクッキーが届きました。クリスマスは無しで行こうと思っていましたが、やっぱりおいしいものを頂くと嬉しいものです。静かですが、ほのぼのしたクリスマスになりました。こちらもおすすめ⇒アトピスマイル 口コミ