私の子供が朝起きてときどき「今日もありがとう。」と挨拶ををしてくれます。いつも朝は子供の姿がみえないことが多いですが、ぼんやりとして起きてくると、いきなり「今日もありがとう。」と挨拶をしてくれました。なぜかうれしくて元気をもらいました。今日は仕事の休みの日。お父さんの日頃の大変さを理解してくれていたのです。学校にも楽しく通ってくれています。こんな私は家でママと協力をして生活の手伝いをする一日です。
子供たちと一緒に生活をしていて、嬉しいことはこのすばらしい挨拶と笑顔です。これがあるとたとえ仕事が苦しくても何だか乗り越えていけそうです。頑張ろうという気が湧いてくるのです。だから「子供たちにも支えられて私は生きている」という実感がわいてきて嬉しいです。また笑顔で一日元気をもらいます。夕方に帰って来てから、子供たちはゲームに夢中になっていますが、「おかえり。」と声かけをしてくれます。疲れも何とか吹き飛びます。小さい子のように抱っこはできませんが、かわいい声かけをしてくれていますので感じが良いです。
なかなか親に対して素直な言葉がけが難しい世代になってきているとは言っても、まだまだ子供です。声掛けに対して素直に感謝したいです。そして「いってらっしゃい。」とエールを送ってから送り出します。
子供たちの「ありがとう。」の言葉、それは魔法の言葉として大切に頭に入れておきます。どんなときにも忘れないでいたいです。とくに誕生日になった日には、逆に「生まれてきてくれてありがとう。」と感謝ができるようになりたいです。魔法の言葉に花を添えられるような大人になってほしいです。いつまでも「ありがとう。」の言葉を大事にします。そしてこれがきっかけで夫婦間もうまくいくように頑張り中です。気を使いながら大切に相手を扱います。
今日も子供たちに「ありがとう。」という言葉をもらって張り切るお父さんです。他のお父さんはどうですか。もっと詳しく>>>>>プラステンアップ 副作用